デザインブックの「4つの問い」に順番に答えてみました

4つの問いですか。最近ひっぱり出した自分を掘り下げるデザインブック。自分の中からの言葉でないと自分を客観視できないけれど、個数をたくさん挙げているのはちょっと面倒だなぁと思っていました。ページを色々めくっていると「4つの問い」とあったので、これなら4つでいいなぁと安易に考えて読んでみました。でも少ないのは少ないので質を求められている気がして、質問がけっこう鋭いものになっていました。「haveしているものは何か」「giveできることは何か」「takeしたいことは何か」「自分が自分でいられることは何か、自分の夢は何か」という4つでした。持っているものは物理的な感じがしたので、わたしならヒーリング楽器かな。ライアーと言う弦楽器なのですが、一台ならず音階が違うものまで買って二台ありますし、まだ気になっている機種があります。シンギングボウルも一式持っているので確実にこれは「have」だなぁ。与えることが出来るものということは音を使った体験会やセッションかなぁ。「take」はしてほしいことと書いてありましたが、そうすると体験会やセッションで喜んでもらいたいということになりました。最後は夢ということなので、たくさん体験会やセッションを提供していって豊かになることかな。順番にやるとけっこう出来上がるものですね。もっと個々を具体的にすれば今後の活動の参考になるかな。頑張ります。ミュゼ ヒゲ脱毛