これからのわたし、低い方は見ず憧れを真似します。

もうすぐ誕生日ですが、自分的にはあまり年齢は気にしていません。ただ、年々地雷は増えて行っている気もします。先日も、家の近くのカフェでオーナーと話が盛り上がり、同じ年代だなぁと思いつつも、年齢のことを聞くと、自分のことも聞かれるだろうし辞めました。あと未婚なのですが、興味を持ったひとがいても、根ほり葉ほり聞けなくもなっています。婚活みたいに思われそうで嫌なんです。もはや妄想の世界と思われるでしょうが、うまく冗談で流せない性格なのです。会社とかだとおじさんたちと普通にしゃべれるのになぁとつくづく悲しくなります。だからといって、職場の女子たちのように、年齢がいくほどに逞しくなりたくないです。もはや、作業ひとつずつに説明するくらいにしゃべっているのが普通になっている彼女たち。本人は気づかないのでしょうが、周りからみたら小学生みたいにしか思えません。しかも小学生より性質が悪いのは、大人だから頭ごなしに注意出来ないところです。仕事はちゃんとされてますから余計です。独身の方々ばかりですが、理由はそれですよと言えたらどんなにいいか。まぁ、低い方を見ても仕方がないので憧れのひとの真似をして生きていこうと思います。